世界的な半導体不足に陥っている理由

今年の米国経済は、ワクチン接種者の増加に伴って活発化することが予想されているが、最大の注意点は、需要の増加にサプライチェーンが追いつくかどうかという点だろう。実際、パンデミック時に発生したサプライチェーンの混乱や品不足への懸念が広がったためバイデン政権は重要分野の見直しを指示した。

Biden signs executive order targeting America's supply chains in critical areas

その代表例が半導体だ。

多くの半導体のリードタイムは1年後に迫っているが、これらのデバイスは私たちが使うあらゆるものに使われている。ビジネスや金融のメディアは、半導体の不足が自動車産業の生産削減を引き起こしたことを詳しく伝えている。フォード、トヨタ、日産、VWフィアット・クライスラー・オートモービルズ(現在はステランティスの子会社)など、世界の自動車メーカーが生産量を減らしている。その他の自動車メーカーも、2021年の目標を達成できない可能性が高いと発表しています。また、問題を抱えているのは自動車メーカーだけではありません。チップの不足は、電子機器、医療機器、テクノロジー、ネットワーク機器など、あらゆるものの不足を引き起こすことが予想されている。

先日ロイターが報じたように、自動車メーカーや医療機器メーカーは、米国の半導体製造能力を新たに建設する際に補助金を出すよう、バイデン政権に要請しています。また、世界最大の半導体メーカーである台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング・カンパニーTSMC)は、この供給不足を受けて、2021年の設備投資予算を280億ドルに増額しました。しかし、新たな半導体ファブの資金調達と建設には、少なくとも5年はかかります。

大きく言えば、チップ不足は、いくつかの(無関係な)サプライチェーンの混乱により、昨年末から積み重なってきた時限爆弾のようなものです。2020年春にコヴィド19の大流行により自動車販売が激減すると、自動車メーカーは、タッチスクリーンや衝突回避システムなどの機能に必要なチップを含むすべての部品や材料の発注を削減しました。しかし、第3四半期になって乗用車の需要が回復してくると、チップメーカーはすでに家電やITなどの大口顧客への供給を開始していました。

また、地政学的な要因も影響しています。特に、トランプ政権がHuawei TechnologiesやZTEなどの中国企業への半導体の販売を厳しく規制し始めたことが挙げられます。これらの企業は、5Gスマートフォンなどに不可欠なチップを備蓄していました。また、中国の半導体メーカーであるSemiconductor Manufacturing International Corporationが連邦政府ブラックリストに掲載されたことで、米国企業は同社製のチップを入手できなくなりました。

7月には日本の工場で火災が発生し、プリント基板に使われる特殊なグラスファイバーの供給が停止しました。また、10月には旭化成マイクロデバイスの日本工場で火災が発生し、自動車産業などで使用される高度なセンシングデバイスが流通しなくなりました。2月下旬の時点でも、この工場は停止したままです。

これらの混乱に加えて、世界の輸送システムにも制約が生じています。海上貨物の90%以上を監視しているClear Metal社によると、今期は約7%の海上貨物が中国の港から出ていないとのことです。コンテナが不足しているため、企業は割増料金を支払って輸送しなければならず、需要は航空貨物に向かっています。しかし、航空貨物システムは、パンデミックに関連した旅客旅行の減少により、貨物を運べる旅客機の数が減り、輸送能力が低下しているにもかかわらず、コビッド-19ワクチンの世界的な出荷により、需要が高まっています。実際、2021年第1四半期の世界の航空貨物輸送能力は、昨年に比べて25%減少しています。 コロラド州上空で発生した飛行機のエンジン故障を受けて、プラット&ホイットニー社製エンジンを搭載したボーイング777型機が接地したことも、キャパシティの制約をさらに悪化させています。

誰もが「だから言ったじゃないか」と言われたくはないでしょうが、組織はこのようなキャパシティ不足に対してもっとうまく計画を立てることができたはずです。しかし、実際には不適切な意思決定が蔓延していました。例えば、積極的にリーン・インベントリを導入したことで、多くのメーカーが無防備になりました。第3四半期に自動車の販売が回復し始めると、自動車メーカーは半導体の追加発注に手間取り、大局を見通す力と半導体メーカーとの長年の関係を持つ、より機敏なエレクトロニクスメーカーに負けてしまいました。電子機器メーカーはそれに合わせて計画を立て、2020年11月までに供給ラインを確保しました。

自動車業界では、サプライチェーンに重要な影響を与える重大な市場の変化が起きています。自動車メーカーが電気自動車を優先するようになり、自動車は電子機器になりつつあります。自動車メーカーが電気自動車を優先するようになったことで、自動車は電子機器になりつつあります。

自動車業界をはじめ、チップ不足に悩む大手メーカーは、自社のサプライチェーン戦略をじっくりと見直し、自問自答する必要があります。どこでリスク管理を犠牲にしてコスト削減を優先してきたのか。もし、サプライチェーンを監視し、マッピングしていたならば、日本の主要な下位サプライヤーの火災による半導体不足をより早く察知できたのではないか?また、次に火災やパンデミックで必要な部品の供給ができなくなったときに、より良い状態にするためには、サプライヤーとの関係管理プログラムをどのようにチューニングすればよいのでしょうか。

パンデミックやチップ不足によって明らかになったのは、変化に対応し、回復力を維持するためには、柔軟で俊敏なサプライチェーンが不可欠だということです。

クレディ・スイス、不祥事だらけの1年に

クレディ・スイス、不祥事だらけの1年が不祥事続きだ。 2020年2月に失脚したティジャン・ティアムの後任CEOに就任したトーマス・ゴットスタイン。同社は企業スパイ・スキャンダル、「瑞幸咖啡(luckin coffee)」やワイヤーカードでの不正疑惑など、不祥事続き。そして最後にこのグリーンシル問題だ。

corporate-fraud.hatenablog.com

Lucking Coffeeの共同主幹事

ティジャン・ティアムがまだCSのトップだった昨年の会議で語った。彼は、プライベートバンキングから株の販売まで、Lu氏との関係を称賛した。「彼は夢のような顧客だ 」と。IPOの際に共同主幹事を務めていたクレディ・スイスにとってそれは言葉通りの意味だった。しかし同社の不正会計問題がのちに発覚、同行はこの件について内部調査を行っており、中国企業への融資に対する監視の目は強まった。世界第2位の経済大国である中国は、アジアの富裕な企業家からビジネスを獲得するというクレディ・スイスの戦略にも影響を与える*1 。実際同社はオンライン医療サービス大手「微医集団(WeDoctor)」が計画しているIPOの関連業務から撤退し、シティグループがその代わりを務めることになった。Luckinは、急速な成長を追求するために脆弱な引受基準を放置した場合に起こりうることの縮図だ。Luckinは高成長、高リスクのビジネスの多くの兆候を示していた。こうした問題のある企業をクレディ・スイスは引き受けた責任は重い。

*1 ゴットステイン氏は、Luckinの株の暴落が戦略の転換を促すものではなく、銀行は引き続き中国の裕福な起業家をターゲットにしていくという。

ワイヤーカードの転換社債で顧客に大損

ソフトバンクグループがドイツの決済サービス大手・ワイヤーカードに出資した際に引き受けた転換社債(CB)を担保とする仕組み債を巡り、スイス金融大手のクレディ・スイスが仲介していた。ワイヤーカードは不正会計をへて倒産、ドイツの警察当局が本社と関係先の家宅捜索を行い経営陣の多くが起訴された。ソフトバンク転換社債による出資の直後にクレディ・スイスは、ソフトバンク保有する転換社債を裏付けにする9億ユーロ相当の新発債を投資家に横流し。実質的なリパッケージ債(仕組み債)で、この販売はソフトバンクグループに多額の利益をもたらした。これは仕組み債は著名投資家ウォーレン・バフェット氏が投資する際、自身の投資会社、バークシャー・ハザウェイにもたらすリスクを抑えるために活用した手法として有名だ。ワイヤーカードの破産を受けて、大きな損失を被ったのはクレディスイスからリパッケージ債を購入した顧客だ。

過去のクレディ・スイスの邪悪な社史

  1. 1980年以降のハンス・ヨルグ・ルドルフは、金儲けだけを目的としたダーウィン式マッチョ・ゴリラ・ゲリラ取引の文化を植え付け、金儲けのためなら汚い手口も許された。儲かればどんな汚い手を使ってもいいというもの。

  2. CSの前会長であるウォルター・キールホルツは、スイスで最も長いマネーロンダリング期間、DLJとの合併の失敗、米国と英国、スイスの内部抗争、終わりのない訴訟などを指揮した。 つい最近、彼はスイス再保険会社の会長を退任した。この男は、スイスにおける金融犯罪の最も長いリストの背後にいて、スイス経済において最も強力なパワーブローカーでありながら、スイスの体制に守られている。

  3. ウルス・ローナー:弱く、刺激がなく、過大な報酬を得ている無能な会長であり、混乱を継承し、それを解決するために何もしなかった。ヨーロッパの、そしておそらく世界の上場企業の会長の中で最も高い報酬を自分に支払うことにしか興味がない。10年遅れで、彼は5,000万ドル以上を手にして退任した。 年次報告書のメモを見て確認するとわかる。

テスラの "完全自動運転 "ベータ版の酷すぎる実態:ビデオの証拠

テスラの "完全自動運転 "ベータ版は、笑ってしまうほどひどく、潜在的な危険性をはらんでいる もしあなたが、私たちが完全な自律走行車の近くにいると思っているなら、したの動画をみてみるといい

www.youtube.com

テスラのユーザーの "AI Addict "がYouTubeに投稿した13分間の動画では、FSD Beta 8.2を搭載したModel 3がオークランド市内を手探りで走行する様子が映し出されています。人間の運転を真似ることもできず、常に無様で混乱しているように見えます。ビデオの序盤では、助手席の乗員が、二重駐車している車の後ろで待つのではなく、その車を追い越すという正しい判断をしたことを称賛していますが、左折レーンに入ろうとしてセンターライン上に車を停めてしまったことで、称賛の瞬間は途切れてしまいました。

というのも、現在販売されている半自動運転システムと同様に、テスラの「完全自動運転」および「オートパイロット」システムも、実際には完全な自動運転ではないからです。人間が常に監視し、一瞬のうちに介入する必要があります。このソフトウェアの最新ベータ版が公開された今、これまで以上に注意を払う必要がありそうだ。

このビデオは、 "非常に危険で有害な運転 "も含まれている。自律走行モードでは、テスラはさまざまな交通法規を破っています。まず、土壇場でハードラインを越えようとし、違法な車線変更を実行している。その後、他の車の横で左折しようとしたが、交差点の途中であきらめて離脱するような動きをした。

その後、対向車線にはみ出してしまい、ドライバーの介入を余儀なくされた。その直後、バイクや対向車のいる直線道路で再び対向車線に出てしまう。その後、酔っぱらったように交差点を通過し、再びドライバーの介入が必要となった。一時停止後に無防備に左折する際には、曲がる前にスピードを落とし、対向車がぶつからないようにブレーキをかける必要がある。

もうすでにお腹いっぱいだがまだビデオは半分も終わっていない。この先もエラーの数々が動画でさらに映し出している。テスラは、赤信号での右折が禁止されている場所で右折しようとし、ドライバーが積極的に阻止しなければならない。テスラは、道路の真ん中でランダムに停止したり、ターンオンリーレーンを直進したり、駐車している車の後ろで停止したり、最終的にはカーブを曲がるときに縁石にぶつかりそうになったりする。停車している車を迂回するために交通を妨げた後、自信満々に対向車線に直進し、間違いに気付いて解除するといった具合だ。またしても交通違反を犯してしまい、混乱した車はあきらめて人間のドライバーに事態の収拾を委ねることになった。

今度は、テスラが交差点に到着すると、そこにはストップサインがあり、交差する車はありませんでした。2台の車が入ってきて、最初の車がモデル3のフロントバンパーを危うく通過し、後続の車がブレーキをかけてモデル3とのT字衝突を避ける。安全運転のために車を監視しているはずのドライバーが、そこに介入しなかったことは、絶対に信じられないし、弁解の余地もないだろう。このソフトウェアが一般に公開されていることは、もはや悪夢とさえ感じる。

しかし、このビデオはまだ終わらない。最後に、Model 3は、道路の曲がり角を避けようとしているときに、道を譲ってくれたCamryにぶつかりそうになる。交差点を通過した後は、フェンスに向かって直進し、そのまま突っ込みそうになっている。どちらの事故も、ドライバーの介入によって回避することができたのが幸いだった。

テスラの "完全自動運転 "ベータ版の酷すぎる実態、是非動画を見て自分の目で確認してほしい。

グリーンシルの破綻が示すサプライチェーン・ファイナンスのリスク

金融仲介業者は、何世紀にもわたって商品の買い手と売り手の関係を円滑にするために介入してきた。その支援がますます洗練された形で行われるようになると、利益と潜在的なリスクの両方が増幅される。現在、破産申請の準備をしているグリーンシルは、後者にスポットライトを当てるために、一連の企業の故障で最新のものである。規制当局の監視が強化されない限り、これが最後になることはないだろう。

ファクタリングと呼ばれる、サプライヤーが請求書を中間業者に販売し、買い手からの支払いの回収を代行する慣行は、長く定着している。"買い手(多くの場合、大企業)は、仲介業者によって支払われることにサプライヤーと合意し、より迅速に、しかし少しの割引で支払いを受けることになります。買い手は、サプライヤーが仲介業者から支払われることに同意することで、サプライヤーはより迅速に支払いを受けることができますが、少額の割引を受けます。

Greensill は、ドイツに所有する銀行を経由するだけでなく、サプライヤーの手形を投資家に売却する債券のような投資にパッケージングすることで、企業のために資金調達を手配することで、この慣行に新たな手法ーーサプライチェーンファイナンスを導入した企業の一つだ。グリーンシルの場合、最大の買い手の一人はクレディ・スイスであり、月曜日にはグリーンシルが組成した資産にリンクした100億ドルの資金を停止した。創業者のレクス・グリーンシルは、英国と母国オーストラリアで政治的な人脈を培っており、公共部門の契約や調達に彼のサプライチェーンファイナンス手法を持ち込むことに成功した。

推進派は、サプライチェーンファイナンスは企業がキャッシュフローを最適化するのに役立つと言う。一部の企業では、支払い条件を過去に60日から90日から180日または210日以上に延長している。批評家は、小規模なサプライヤーは、単に迅速に支払われるために手数料を支払わなければならないことになると言う。

しかし、会計士、規制当局および格付け機関はすでに警告を発している。会計規則の下では、このような設備を利用する企業は、銀行や金融業者にお金を借りているにもかかわらず、債務として分類する必要はありませんが、貸借対照表の「買掛金」に計上することができます。これを利用して、事実上の企業の借入を隠蔽することができる。

実際、そのような施設の使用は、スペインのクリーンエネルギー事業であるAbengoaや、両方ともGreensillのサービスを使用したヘルスケアプロバイダーであるNMCを含む、いくつかの企業の倒産の特徴となっています。2018年に崩壊した建築・サービスグループのCarillionは、Greensillの顧客ではなかったが、Lex Greensillが当時のデビッド・キャメロン首相の顧問として考案を手伝った英国政府が提供するサプライチェーンファイナンス・プログラムの大口利用者だった。キャリオン社の破綻を調査している国会議員は、このスキームによって、アウトソーサーが「破綻したビジネスモデルを支えていた」と述べている。

会計ルールを変更する必要があることは明らかである。サプライヤー金融施設は負債として分類されるべきであり、それを利用している企業と金融を提供しているグループの両方に、より大きな規制上の監視が必要である。金融商品に投資する資金についても、より強化された精査が必要です。グリーンシルが鉄鋼王サンジーブ・グプタのGFGアライアンスのために仕組んだ非流動性債券は、スイスのファンドマネージャーであるGAMの2018年のスキャンダルの中心にありました。

この事件はまた、金融技術グループの慎重な監視の必要性を改めて浮き彫りにしました。現在は破綻しているWirecardのように、Greensillはドイツに銀行を所有していますが、親会社グループは銀行のように規制されていません。規制当局は、新しい形態の金融に現れる未知の危険を防ぐことはできません。しかし、サプライチェーンファイナンスのリスク-それがまたどんな利点をもたらすか-は今では知られており、対処されるべきである。

Subscribe to read | Financial Times

世界的なレアアース採掘業者ライナス

中国政府は、レアアースの世界への輸出を制限した場合、どのような影響があるのかを業界の幹部に尋ねたようだ。

中国政府は、業界幹部にたいして中国が二国間紛争中などを理由に世界への輸出を制限した場合米国とヨーロッパの企業にどの程度の影響があるかを質問したとFTは報じた。

https://www.ft.com/content/d3ed83f4-19bc-4d16-b510-415749c032c1

今回の動きは、スマートフォンから戦闘機まであらゆるものに使用されているレアアース地政学的な重要性を改めて浮き彫りにした。

ネオジムやジスプロシウムなどのレアアースは、EVモーターやスマートフォンなどの電子機器の生産に欠かせない。世界の生産量の80%を中国が占めているため、輸出規制は世界の他の地域にとって大きな問題となるなか、地政学上鍵を握る企業がある。オーストラリアのレアアース採掘業者ライナスだ。 実際オーストラリアの鉱山会社ライナスの株価は過去1年で2倍以上に上昇している。しかし、TSMCが戦略的資産であるのと同様に、ライナスもまた、中国以外に競合相手がほとんどいないため、希少性プレミアムを享受している。ここでは、バリ在住の独立投資家ファーガス・カレン氏が2020年9月に執筆した、上場レアアース鉱山の分析を紹介する。

https://traderferg.com/rare-opportunity/

ショートセラーがPenumbra社の「ニセ医者疑惑」を追求


クインテッセンシャル・キャピタル・マネジメントは、「偽医者」がPenumbraに関連した科学的研究を書いたと主張しています。現在、ヘッジファンドは、その医師の正体について新たな証拠を掴んだと主張しています。

新しい手がかりは、Dr. Antik Boseの作成を取り巻く謎の中で浮上している - 手の込んだソーシャルメディアのプロフィールを持つ偽の医師は、派手な車と派手な家で一杯の派手な家を持っていて、Penumbra、物議を醸している医療機器会社に接続されている科学的研究の著者であると主張した。

空売りガブリエル Grego Quintessential Capital Managementのショートセラーは、それが脳卒中患者のために生成するカテーテルが安全ではなかったと主張して、1ヶ月以上前にPenumbraのショート攻撃を開始しました。

火曜日の午後遅く、食品医薬品局は、ペナムブラ社が患者を保護するために市場からJET 7 Xtra Flexと呼ばれるカテーテルを自主的に削除するよう要求したと述べた。FDAは、カテーテルに関連する14人のユニークな患者の死亡を含む200以上の医療機器の報告を受けていると述べた。ペナンブラ社はリコールを開始した。

先週、グレゴは、彼は主張した偽の医師は、製品に関連するPenumbraの研究の多くの背後にあったと明らかにした。

Penumbra、機関投資家への声明では、偽の医師を作成してその「中核的な科学的研究」を執筆するために作成したことを否定した、Quintessentialによる疑惑は "断固として虚偽である "と述べています。それは、研究が同社の共同創設者であるアラニ・ボース博士によって書かれたことを確認し、彼は "実在の人物 "であるアンティク・ボースによる盗作の被害者であり、"世界中で彼に似た名前の医師をオンラインでなりすまそうとしていた "と述べています。

https://www.qcmfunds.com/penumbra-and-its-killer-catheter/

しかしグレゴ氏は、この仕事は誰かに外注されたのではないかと考えている。

空売りは、偽の博士アンチクボースの背後にある人は、カリフォルニア州の不動産ブローカーのマニーKhoshbinであると考えています, そのID Gregoは、アンチクボースが使用しているように見える2つのうちの1つであると述べた, Quintessentialによる逆画像検索に基づいて, そして先週、偽の医師の存在を明らかにしたレポートで公開された.

アンティーク・ボースの画像が重ね合わされた写真に写っていたのが実在の人物であることを知ったグレゴ氏は、ホシュビン氏のオフィスに電話をかけ、電話に出た人物に「誰かがあなたの身分を盗んだのです。マニー・ホシュビンと話をさせてください」とグレゴさんは言った。"しかし、彼は電話に出なかったし、メールにも出なかった。"

"彼の写真が出てきて、『話をしよう』と言うと、その男が私を幽霊にしてしまうのはとても奇妙なことです」とグレゴは言った。

ホシュビンのユーチューブのページには、アンティック・ボース(医者であることに加えて、億万長者と疑われるホテル経営者でもあった)と関連したソーシャルメディアサイトにも見られた高価な車のタイプが満載だ。グレゴ氏によると、ホシュビン社のページは、ホシュビン社のマーケティング・マネージャーであるネイサン・ミランダという男が編集したもので、その人物のLinkedInプロフィールには「コンテンツ作成」の経験があると書かれている。ミランダ氏はまた、彼が大の自動車愛好家であることを語っており、それを証明する写真も持っている。

"私はこいつらを責めたくなかった "とグレゴ氏は言うが、今では彼らがアンティック・ボーズ社のソーシャルメディアのプロフィールを作成するために雇われたのだと思っている。

そして、3人目の男がいる。Gregoは、Khoshbinがポール・ダフタリアンという名前のオレンジ郡、カリフォルニア州の不動産業者を通して彼の邸宅を販売したことを指摘し、そのIDがAntik Boseが彼のソーシャルメディアのプロフィールで使用した別の人物であることを示した。

"Facebook、Everipedia、PinterestYouTubeに掲載されている表向きはほとんどすべての写真が、実際にDaftarianのものです。同様に、表向きはAntik Boseのものとされている特集の不動産は、実際にはポールのかつての不動産取引の一部である」とクインテッセンシャルの報告書は主張している。

 

Pawar Law Group、ペナムブラ社にクラスアクション

Pawar Law Groupは、2020年8月3日から2020年12月15日までの間にPenumbra, Inc. の株式を2020年8月3日から2020年12月15日まで(以下「クラス期間」といいます)に購入した株主を代表して、クラス訴訟を提起しました。本訴訟は、連邦証券法に基づき、Penumbra, Inc.の投資家に対して損害賠償を求めている。

訴訟によると、被告は、Jet 7 Xtra Flex には、通常の使用では安全でない既知の設計上の欠陥があったこと、ペナムブラ社は、ジェット 7 Xtra Flex が重傷を負ったり死亡したりするリスクに十分に対処していなかったこと、ジェット 7 Xtra Flex の安全性に問題があるためリコールされる可能性があったこと、そしてその結果、ペナムブラ社の告訴状に記載されている公の声明は、関連するすべての時点で重大な虚偽であり、誤解を招くものであったことを明らかにしていません。訴訟では、真実の詳細が市場に出回ったときに、投資家が損害を被ったと主張している。